フウセンカズラ?ゴーヤ?グリーンカーテンを作ってみよう!

わが家は西日がきついです。それはどこの家でも同じことかもしれません。
ですが、わが家の窓は西側に向いているんです。

どうして、そういう間取にしたのかはわかりませんが、そのおかげで夏は暑いなんてものではないんです。
昼間から雨戸を閉めて熱気をいれないようにしている。ここのところの猛暑でそうするのが半ば習慣になってしまいました。

 

でも、やはり窓を開けたい!

 

クーラーもいいですが、やはり新鮮な空気がいいんです。

 

でも、そうなると窓を開けないといけない。

↓ ↓ ↓

開けると熱気が入ってくる。

 

この悪循環です。これをなんとかしたいと思っていたのですが、簡単に解消できる方法があるではないですか!

 

 

それがグリーンカーテンを作るという方法。

うん、これなら夏の猛暑にも耐えられるのではないだろうか。そんな期待を持ってしまいました。

 

 

グリーンカーテンって?

ここでグリーンカーテンとは何かという声も聞こえてきそうです。このグリーンカーテンとは緑のカーテンとも呼ばれています。

緑のカーテンとは、植物を建築物の外側に生育させることにより、建築物の温度上昇抑制を図る省エネルギー手法である。または、そのために設置される生きた植物を主体とした構造物である。

引用:Wikipedia

 

建築物の温度上w用を防げるなら、猛暑の対策にもなるに違いない!

そして、よくゴーヤがグリーンカーテンに使われているので、さっそくホームセンターまで買いに行きました。

ええ、真夏の暑さには耐えられませんし、クーラーばかり使っていると体に悪いですから。

 

でも、ここで問題が発生しました。
意気揚々とホームセンターの園芸コーナーに行きました。

プランターや土はすぐに見つけることができたのですが、肝心のゴーヤがみつからない。
こんな時はやみくもにさがさずに店員に訊ねるというのが一番手っ取り早い方法です。

というわけで、店員を探してきいてみることにしました。

 

「ゴーヤ、ありますか?」

「白ゴーヤならあります」

 

やった~、これでグリーンカーテンができる。そう思いましたが念のためにまた質問。

 

「白ゴーヤでグリーンカーテン作れますか?」

「実がたくさんなるので、こまめに収穫しないとカーテンが傷みますよ」

 

え、それは困る……それに、ゴーヤが穫れるのはいいけど食べきれるんだろうか?

そう思って、また訊ねました。

 

「グリーンカーテンにするなら、どんな植物がいいですか?」

「ツルのあるのがいいですね。ここにあるカズラとか球根アサガオがおススメです」

 

そういわれたので、ゴーヤでグリーンカーテンを作るのはさっさと諦めました。

代わりに緑の実がなると教えてもらったフウセンカズラを8つ購入。

帰ってさっそく植えました。西側の窓の下で並んでいるフウセンカズラはまだ小さいので頼りないです。

 

でも、ネットに絡ませたしそのうちに大きくなってくれるかな?

ちょっと期待をもって、明日から水やりしていくことにします。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る