記憶力にいい食材って何か知っていますか?

「人の名前が出てこない!」

そう思って焦ってしまったことってありませんか?
他にも「パスワードが思いだせない」「冷蔵庫に入っているものが思いだせない」「外出後に家に鍵をかけたか不安になる」
はい。私もそんなことがたびたびあって、そのたびに焦ってしまいます。

その理由って何かご存知ですか?
実はこれって脳の老化のサインなんです。

特に更年期になってから急に物忘れがひどくなったと感じているのではないでしょうか。
これにも理由があるんです。

それは閉経によって、女性ホルモンのバランスが変わって、エストロゲンが減少していることが原因なんです。
エストロゲンは抗酸化作用が強いホルモンです。
そのために若返りの効果があるといわれていますし、脳の働きや記憶力に深いかかわりがあることがわかっているんです。

では、どのようにすれば物忘れを防ぐことができるのか?
それにはいろいろな方法がありますが、ここでは記憶力にいい食材が何か、ということを考えてみたいと思います。

 

脳を活性化するにはどうすればいい?

物忘れを防ぐためにはどうすればいいのか?
これは毎日できることをやっていくことが一番効果ですよね。
運動をすることもいいですが、体を動かすことが億劫だと思ってしまうことも事実。
それならば、毎日、口にすることで記憶力のアップを目指してしまいましょう!

ここでいう記憶力にいい食材というのは、活性酸素を除去する栄養素が入っている食材のことです。
常備菜ならば、毎日の食事のメニューがどのようなものであっても、ちょっとずつでもそれらの食材を口にすることができます。
簡単に手に入れることができる食材ばかりなので、毎日のお買い物の時に意識してカゴの中に入れるっていうのもいいですよね。

では、その物忘れ対策のためのおススメ食材を発表します!
・鮭
・サバ
・豚肉
・エビやカニ
・オリーブオイル
・緑黄色野菜
・ココナッツオイル
・ナッツ類

以上の8種類です。多分、お気づきになったと思いますが、青魚のDHAや豚肉のビタミンB1はアンチエイジングにも効果があるといわれていますよね。
物忘れが脳の老化のサインだということならば、これらの食材が効果的だということは、理に適っているということですよね。

これらの食材を取り入れる調理方法も簡単です。
茹でたブロッコリーを砕いたアーモンドと味噌・みりんで作った和え衣で和える。
こうすることで抗酸化効果を取り入れることができます。

また、ホウレンソウと桜海老で作ったナルムにはアンチエイジング効果がたっぷり。
人参とキノコを豚肉で炒めればビタミンB1をチャージすることができます。
このときのオイルはサラダ油でではなくオリーブオイルを使えばなお良し。
こんな風に簡単かつ、少ない食材で作りやすい品を常備菜として置いておくことは、健康のためにもいいことではないでしょうか。

 

サプリメント派なら、こちらがおススメ!

食事で栄養を補給するのが理想的だということは分かっている。
でも、忙しくてなかなかそれができない。
そんな方にはサプリメントで対応するという方法もあります。

この場合、選ぶサプリメントは「イチョウ葉エキス」がおススメです。
これはイチョウの葉から抽出されたエキスで、血流を改善する効果があるんです。
ということは、

  1. イチョウ葉エキスを取り入れる。
  2. 脳にたくさんの血流が流れる。
  3. 脳機能の向上維持が期待できる。

こういう三段活用が期待できるというわけです。

 

継続が大切なんです

記憶力にいい食材とサプリメント、両方をご紹介しました。
理想は食事から栄養をきちんと摂取するということでしょう。
でも、今は忙しい時代です。なかなか、そういう時間が取れない、という方もいると思います。

そんな時、サプリメントを利用するというのも賢い選択ではないでしょうか。
物忘れ対策でもある脳の老化を防ぐことは継続することが大切です。
だとしたら、毎日の食事で摂取するかサプリメントで摂取する。
その違いはあっても、継続することができる方法を見つけることの方が大切だと思います。

思いだす力の衰えを感じた時。
早めの対策で、脳の老化を食い止めていきましょうね!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る