お気に入りのアクセサリー、作ってみませんか?

今日は定期的にお邪魔しているサロンでのお楽しみの日。
今までにいろいろと自分磨きのためのレッスンを受けてきましたが、今回は手作りのアクセサリー。
どうして、アクセサリーを手作りするのか?
答は簡単です。

お店でいろいろとアクセサリーを見ても、どこかピンとくるものがないっていう体験ありませんか?
このイメージの物が欲しんだけど、ちょっと長さがイメージじゃない。
もしくは、全体の色合いが好みじゃない。

そう思いながらも買ってしまったっていう経験、あるんじゃないでしょうか。
でも、そうやって妥協して買ったアクセサリーにどれだけ出番がありますか?
案外、買ったままにしているっていう場合が多いんじゃないでしょうか。

それにはちゃんとした理由があるんです。
人には自分に似合うパーソナルカラーと骨格スタイルというものがあります。
それを無視してしまうと、いくらその時は気に入ったと思って買っても、それがお気に入りになることはないんです。

では、自分のスタイルにあったアクセサリーだとどうなるか?
考えるまでもないですよね。
自分のスタイルにあっているということは、似合うということがわかっている。
となると、お気に入りになって、テンションを上げてくれるアクセサリーになるということ。

そんなアクセサリーを手に入れたいですよね。
でも、お店ではなかなか思うようなものが手に入らない。
なので、作ってしまおうということになったわけです。

 

色とスタイルは大切です

今回、アクセサリー作りを教えてくれたのは『miya color』の北野 美弥さん。
あらかじめ、どんな雰囲気のものを作りたいのかと連絡しておいたので、材料も揃えてくださっていました。

その材料ですが、コットンパール。
このコットンパールって市販されているアクセサリーは圧倒的にイエローベース。
私はブル―ベースなので、欲しいと思ってもどこか違うと思って手を出すことができなくなっていたんです。

はい、以前は自分のベースカラーがわかっていなかったので、何度かコットンパールのアクセサリーを買っていたんです。
でも、どこかしっくりこなくていつの間にかつけなくなっていた。
でも、個人的にコットンパールの雰囲気が好きなので、ブル―ベースでもコットンパール大丈夫ですか?と
すると、ブル―ベースでもありますよ!と返事があったので、コットンパールでラリエットを作ることにしました。

なんといっても、初めての体験。
ジタバタしながらもパールをコロコロ転がしているうちにイメージがどんどん変わっていく。
でも、これだっていう雰囲気のものを作ることができました。

今回はもうお一人ご一緒にアクセサリーを作ったのですが、その方はまたイメージの違うものを作られている。
自分でアクセサリーを作る最大の利点って、自分のイメージを形にできるっていうことなんですよね。
もっとも、ちょっと時間が足りなくなってしまって仕上げは美弥さんにお願いして帰ってしまいました。
ちょっとそれが残念だったので、今度は最後まで自分でできればいいな~とか思ってしまいました。

今回、作ったアクセサリーがこの記事の冒頭の画像です。
コットンパールってイエロー系の温かいイメージっていうものかもしれないんですが、ブルー系のものもステキですよ!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る