スタイルを見つけると得をする3つの理由

ファッションを楽しもうと思ったら、いろいろなスタイルがあることに悩みますよね。
どれが自分に似合うスタイルなのかと自問自答する時の方が多いと思います。

このスタイルですが、自分のスタイルを見つけると得になるっていうこと、ご存知ですよね。
その理由、わかりますか?

ちょっと考えればすぐに分かると思います。
自分のスタイルをみつければ、お買い物の時に悩むことがなくなります。
そして、お気に入りの物ばかりがクローゼットにあれば、コーディネートをするのも楽しいですよね。

でも、ここで悩みが出てくるのも事実。
自分に似合うスタイルって何?
これは究極の悩みでもあると思います。
このスタイル、実は3つに区分されるって知っていましたか?

体型を区別する3つのパターン

通販会社のセシールはご存知ですよね。
そこのサイトではこの頃、骨格スタイル分析タイプ別コーディネートというものを展開しているんです。
この骨格スタイルというのは骨格診断という言葉と同じ意味なんですが、これはその人の雰囲気や体型にあった服を選ぼうということなんです。

この骨格スタイルですが、太っていることや痩せていることとは関係ないんです。
つまり、その人が持って生まれている筋肉の付き方や骨組みで判断するわけなんです。
そして、そのタイプが「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」の3つに分類されるわけなんです。

それぞれのタイプのイメージ、わかりますか?

この3つのパターンですが、それぞれに得意なスタイルがあるんです。
ストレートはシンプルでベーシックな定番スタイルが似合う。
ウェーブはソフトでボディコン、エレガントなスタイル。
ナチュラルはラフでカジュアル、無造作なスタイル。

こんな感じでそれぞれのタイプで得意なスタイルが見事に違うんです。
ということは、自分のスタイル以外の洋服を着る時は、ちょっと工夫が必要ということ。
自分のタイプじゃない服でも着ちゃいけないっていうことはないんです。

現に私はストレートなんですが、フリルとかレースが大好き。
でも、ストレートではフリルは苦手なジャンルなんです。
そういう時はどうすればいいのか。

一番簡単な方法は顔の位置から離してしまうということ。
確かにフリルのブラウスとか好きなんですが、着ていて違和感があったのも事実。
でも、スカートにフリルが入っていてもそれほど気にならないんですよね。

他にもネックレスやストールで縦のラインを作る。
それだけで、イメージが変わってくるんです。
だから、自分のタイプじゃないアイテムでもちゃんと着ることはできる。
でも、そのためには自分がどのタイプかっていうことを理解していないといけないんですよね。

自分のスタイルを知って得をする3つのこと

自分のスタイルを知っていれば、得をすることがあるといいました。
その一つは、お買い物の時に悩まないということ。
これは大きいですよね。

たしかにお買い物をする時に悩むのは女の特権。でも、早く決めないといけない時があるのも事実。
そんな時、自分の似合うスタイルを知っていれば、悩むことなく決めることができます。

他にも思ってもいなかったアクセサリーが復活したりするんです。
TOPの画像は私が持っているイヤリングですが、今までちょっとつけるのにためらいがあったんです。
でも、自分がストレートだということがわかって、意識が変わりました。

ストレートタイプは
・プラチナやゴールド
・本貴石(ダイヤモンド・ルビー・アレキサンドライトなど)
・本真珠(8ミリ以上)
・耳に留まるピアスやイアリング
・ネックレスは1〜2連
・厚みのない直線的なデザイン
こういったものが得意なんです。

ここで気が付かれたと思うんですが、このイヤリングは耳に留まるものじゃないですよね。
でも、全体のイメージが本貴石に見えるような雰囲気だと思いませんか?
そのおかげでつけていても違和感がないですし、ある意味で存在感があるのでシンプルなお洋服を着ていても似合うんです。

最後に、自分のファッションに自信が持てると、どんな時でも背筋をピンと伸ばして歩くことができるんです。
これは大きいですよ。

猫背で歩いているとどうしても年寄り老けて見えてしまいます。
それだけじゃなく、風水などの運気を重視する場合は運が逃げるともいうんです。
そんなことを防ぐ効果もあるなら、自分のスタイルを知っておくのって重要だと思いませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る