1枚の洋服を3倍楽しむ方法

新しい洋服を買うのって気持ちがとってもウキウキしますよね。
気に入った洋服が見つかれば、絶対に手に入れたいって思うのも女心。
でも、そうやって洋服を購入していくたびにクローゼットの中はパンパン。
気が付いたら、同じようなアイテムばかりになっていたっていう経験ありませんか?

そうならないためにはどうすればいいのか。
こたえは簡単です。

手持ちの洋服でいろいろなテイストの組み合わせができればいいんです。
でも、それが難しいって思う場合もあると思います。
では、ここで私がやってみたテイストの組み合わせをご紹介しますね。

 

カーディガンを着まわしてみた

ここでご紹介しているものは、1枚のカーディガンをいろいろなパターンで着まわしています。
よく見てもらうと分かると思うのですが、インナーはどれも同じ白のタートルです。
ただし、ボトムを変えることでイメージを変えているんです。

  

目指したものは左から順番にフェミニン、エレガンス、マニッシュです。
王道の組み合わせとしては右のパンツスタイルがすぐに思いつくコーデだと思います。
実際、私もこのカーディガンではパンツを合わせることがほとんどでした。

ここでは紹介していませんが、デニムとあわせるとカジュアル路線全開。
たしかにその組み合わせもいいのですが、ちょっと似合わないなっていう感覚もあったんです。

でも、このカーディガン、とても暖かいので真冬にはマストアイテム。
となると少しでも似合う組み合わせで着たいと思い始めたんです。

そんな中、miya colorで骨格診断を受ける機会がありました。
そこで自分のスタイルがストレートだということを初めて知ったんです。

このストレートっていうタイプは体そのものにボリュームがあるので、気太りしやすいんです。
冬によくあるざっくりニットのようなビッグシルエットだと油断するともっさりしてしまう。
そう言われてみると、冬場のセーターで手編みのざっくりニットが気になって手に入れても結局、ほとんど着ることがなかったということを思い出したりしました。

そんな私にあうのはセンタープレスのパンツのようなIラインを作れるもの。
となると、真ん中と右は縦のラインがしっかり出るので、私にはちょうどいい。
実際、センタープレスのパンツとモヘアのニットという組み合わせが結構、好反応だったこともあります。

 

苦手なスタイルはどうすればいいの?

骨格診断で自分に似合うスタイルというのはわかりました。
でも、個人的にはレースやフリルといったフェミニンなアイテムが大好き。
苦手意識がありながらも手を出してしまうという悪循環。でも、ちゃんと救いの道はあるんです。

上の画像の一番左。フェミニンをイメージしたコーデはレースのワンピースをインナーにしています。
レースっていう素材はストレートはあまり得意ではありません。
でも、そういうものは自分の顔から遠ざけるんです。そうすれば、苦手な素材でも違和感なく着ることができます。

そして、色も重要。この場合、ベーシックカラーともいえるオフホワイトを選んでいます。
そのおかげでカーディガンのカラフルさも緩和されていますし、素材の苦手感もカバーしてくれる。
こんな感じで色と素材を組み合わせることで苦手なスタイルでも着ることができるんです。

なにしろストレートタイプの私はフェミニン系はあまりに合わない。
ところが、自分の好みはそういったフェミニン系ときているんです。
となれば、着合わせを頑張るしかないではないですか。

でも、同じトップでもボトムを変えたり、バックや靴を変えることでイメージが大きく変わるんです。
実際、並べている3枚の写真もそれぞれにテイストが異なっていると思います。
こうやっていろいろなコーデを考えて楽しむっていうのも大人女子の楽しみではないのかと思う今日この頃です。

このカーディガンでどれだけのコーデが考えられるか。
ちょっと自分の可能性っていうものを試してみたいっていう気持ちもあるんですよね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る