色×カタチを組み合わせるって?

今回のタイトルですが、いつもお世話になっているmiya colorの北野美弥さんのメルマガからの一節です。
自分に似合う色とカタチって着ているとおシャレに見えるし、自信も持つことができます。
でも、それがなかなか自分では分からないんですよね。

私も自分が好みの色と似あう色が違うっていうことにちょっとしたショックを受けた一人です。
でも、似合う色って身に着けているとすごくいいことがあるんです。

実は以前にmiya colorでパーソナルカラーを見ていただいた時の写メを保存していました。
それを行きつけの美容院の方に話の中で見せたことがあるんです。

ほんの5分も違わない写メ2枚なのに、見事にダイエット前、ダイエット後っていってもいいくらいの違いがあったんです。
この写メにはその美容師も唖然とした顔をしていました。
それくらい、自分に似合う色って自分をステキに見せてくれるんです。

 

色とカタチにどんな関係があるの?

先ほどの話は色だけでした。
でも、お洋服には色だけではなくカタチもあります。
その色×カタチが自分に似合っていると、着やせして見えるしオシャレに見える。

ファッション誌に載っているスタイルを真似しているはずなのに似合わない。
それって、色とカタチが自分に似合っていないっていうのが一番の理由なんです。

とはいえ、色もカタチも自分に似合っているものばかりを着ることって簡単ではないです。
というより、そんなことをするとどうしてもファッションの幅が狭くなってしまいます。
やはり、トレンドと呼ばれるものは取り入れていきたいですよね。

そんなとき、どうすればいいのか。

そんなときに力になってくれるのが色×カタチを組み合わせるってことなんです。

 

自分のイメージを作ることができるんです

この写真は今日の私のコーデ。
見ていただいたら分かるように黒のボーダーのタートルをインしています。

この黒ボーダーのタートルってストレートの私にすれば苦手アイテムに分類されるんです。
とはいえ、これから寒くなってくる時期にタートルを着ないのはちょっと厳しい。
ここで役に立つのがカタチを組み合わせるっていうことなんです。

ここではトップを垂らしてIラインになるようにしています。
またパンツもハリのある素材なので、ストレートのラインが出ています。

ストレートの場合、直線的な形が得意なんです。
だから、全体の印象をそうすれば、苦手なタートルでも大丈夫!

そして、もう一つは色。
ベージュやオフホワイトはベースカラーにもなる色です。
つまり、大きな面で使っても違和感がないというわけ。

ボーダーのタートルは黒がメインカラーですが、この黒って実はウィンタータイプ以外では似合わないんです。
でも、やっぱり黒って手に取る機会が多いですよね。
そんなとき、役に立つのがベースカラーでもあるわけです。

黒っぽい中にベージュやオフホワイトの色を入れることで明るい雰囲気になります。
実際、ショーウィンドーのマネキンを見ても、この頃では白のパンツってよくあると思いますよ。

今回のコーデは女優の篠原涼子さんのようはハンサムウーマンを目指してみました。
こんな感じで自分のなりたい雰囲気を作れるっていうのも色×カタチの組み合わせなんですよね。
秋も深くなってくるし、こうやってファッションのイメージ作っていくのって楽しいと思いませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る