戦い済んで、日が暮れて?

 

 

本日、10月5日、ニンテンドークラシックミニスーパーファミコンの発売日でしたね。

ネット予約はほぼ一瞬でソールドアウト。Amazonや楽天ではプレミアム価格で出品されているという状態。
この分では発売日当日に手に入れることはできないのではないか。
そう思ってしまう勢いでした。

実際、5日の0時から始まったオムニ7でのネット販売も3分ほどでソールドアウト。
はい、この収得合戦に参戦したのですが、見事に弾かれてしまいました。
諦めて、プレミアム価格で購入するか?
でも、正規価格で購入できるかもしれないのに、プレミアム価格を出すのもちょっと……

いろいろと考えていましたが、無事に購入することができたんです。
偶然だったのかもしれないんですが、ちょっとその成り行きなど

午後から休みだったのもラッキー

実は今日はシフトが午前中だけだったんです。つまり、午後からはフリー状態。
子供がそれなら買いに行ってほしいと言い出したので、ちょっと探してみようかと。

一応、子供からは2か所ほど候補の店を教えてもらっていました。
その両方に行くには、方向的にちょっと時間とガソリン代のロスが発生する。
それはちょっと困るということで、一つの店に電話しました。

すると、そこにはまだあるというではありませんか!
ただし、取り置きはできない。残っている数が少ないということを伝えられました。

その場で、「すぐに買いに行きます!」と叫んで電話を切ると、早速その店に出発!
車で15分ほどのところにあるのですが、到着するまでドキドキでした。

駐車場に車を止めて、店内に入る。
すると、入り口のすぐそばにダミーが置いてあるではありませんか。
早速、それをもってレジまで。店員はすぐに後ろの棚から出してくれました。
私が購入した時点で残りは3つだったかな?

なんとか無事に購入できて、よかったというのが本音。
そして、レジを済まそうと思ったら店員が

「これだけでは使えないんです。アダプターが別売りですが、いかがしましょうか?」

一瞬、考えましたがこのところゲーム機は携帯の物しか持っていないはず。
となると、アダプターは必須だろうと思って、こちらも一緒に購入。
両方で9,000円ちょっとでした。

子どももまさか買えるとは思っていなかったんでしょう。
購入直後にラインで連絡すると、「な ん と」という驚きの声。
そりゃ、そういう反応になるだろうと私本人も思っていましたしね。

購入したのはゲオだったんですが、平日だったのがラッキーだったんでしょうね。
これが土日だったら人が多いだろうから、まず残っていなかっただろうし。

しかし、こういうことってあるものだとしみじみ思ってしまいました。
地元の店というものを馬鹿にしてはいけないのだと(ゲオは大手といった方がいいでしょうが)思った一瞬でした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る